前へ
次へ

土地や建物など売買するための不動産会社を選ぶ

不動産売買をする際には売却する会社を決める必要がありますが、仲介会社の存在は慎重に選ばなくてはなりません。
戸建て住宅やマンションなどの不動産売買の際には、自分だけで動くのではなく売却を不動産会社に依頼します。
大手でも駅前に店舗を出すような小さなお店でも、同じ業種ですから依頼はどちらにしても大丈夫です。
対象外になるのは賃貸住宅の管理や仲介専門業者や、個人の住まいの売却はしていない業者などですから、不動産会社は売買物件の仲介をしている会社を選びます。
最初から売却依頼をするのではなく、提案から出してもらうことです。
手持ちの土地や物件は、一体いくらで売れそうかといった内容です。
現代はネットが身近なので、いくつかの会社にネット経由で、簡単な査定をお願いして、それを比較してから訪問査定をしてもらう会社を決めることもできます。
査定をして依頼する会社を決定して、媒介契約を交わす流れです。
訪問査定の会社ですが、3つくらいに依頼をしても構いません。

Page Top